NHKの「紅白歌合戦」で、紅組の特別出場歌手として出演するスーザン・ボイルさんに対抗して、「国内の大物アーティスト」が白組の特別出場歌手として出場することが、12月30日、明らかになった。本番まで発表しないサプライズゲストとなる。NHKの井上啓輔制作統括プロデューサーがリハーサル会場で発表。井上プロデューサーは「60回にふさわしい国内のアーティスト。NHKホールに来場して、歌を歌います。出番は午後9時以降、大変なサプライズになると思う」と語った(毎日新聞HPなどより)。
こうしたNHKの情報を小出しにするやり方、けっこう好きです(笑)。たぶんこの「特別出場歌手」は松山千春さんではないでしょう。だって千春さんは「国内の大物アーティスト」ではなく、“超大物”ですから!矢沢永吉さんには早い段階で出演を断られたという情報もありましたので、本命は小田和正さんではないでしょうか?今年9月にNHKBSで生放送された「サマーピクニックフォーエバーinつま恋」に小田さんがゲスト出演された際、同じくゲスト出演していた千春さんのトークが長すぎて、小田さんの歌が生放送にのらなかったことがありました。その仕切りなおしと、60歳をこえてもなお現役の第一線で活躍しているアーティストとして小田さんだと思うのですが・・・。みなさんはどう思われますか?
追伸:その後の情報では、矢沢永吉さんが出演されることがほぼ確実視されています(31日午前7時段階)。
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-30 16:52 | 松山千春

STVラジオが制作するラジオ番組「松山千春スーパーショット2010」が、2010年1月1日(金)16時から17時まで放送されます。番組の内容は「幅広い分野で友人、知人を多く持つ松山千春がその人脈を生かし、2010年の北海道に熱いメッセージを送る。また、新しい年を迎え、自身の抱負や活動なども伝える」のだそうです。元旦から千春の声が聞けるなんてうれしい限りです。北海道に住んでいて良かった・・・。ちなみ「松山千春スーパーショット2010」は北海道以外では、東海ラジオが1月3日(日)19時から放送するそうですよ。
d0127842_1643276.jpg

[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-30 16:04 | 松山千春

d0127842_759562.jpg

松山千春コンサートツアー09「起承転結」オーラスの札幌二日目に行って参りました。24日のステージとともに、最終日も3時間を越える熱演が展開されました!千春さんの、命を削るような歌と、笑いあり、涙あり、考えさせられること大いにありのトーク(下ネタ多し・笑!)に、そのお姿をはらはらどきどきしながら見守りつつも、本当に楽しませていただきました。ステージ前半では「22才の別れ」を「72才の別れ」として歌い、歌詞に出てくるケーキにろうそくを立てる部分を面白おかしく替え歌にして歌ってくれました。また後半では、毎年恒例になった全国のイベンターさんをステージに迎え、千春さんの舞台セットを作り出す東海クリエイト・浜地社長の音頭のもと、ステージと会場が一体になっての三本締め(鈴木宗男さん、みのや雅彦さんも参加)と「大空と大地の中で」の大合唱。アンコール二幕目に弾き語りで歌ってくれた「季節の中で」と「我家」には、聞いていて涙が・・・。千春さん、ありがとう。そしてお疲れ様でした。十分に、ゆっくりと、おだやかな休息の時間をお過ごしください・・・。そしてまた来年、再来年、その次の年、それからもずっーと、ステージで歌う千春さんに会えることを楽しみにしています。
追伸:オーラス「我家」を歌い終え、「どぉーーーーーも!」といつも通りマイクを投げた千春さん・・・でしたが、25日はそのマイクをもう一度拾い上げて(この姿に私はかなりグッときました!)、全国を一緒にまわってきたバックメンバーを慰労するように一人ひとりの名前を呼び、会場のお客様にも再度感謝の気持ちを伝えて、ふたたび「どぉーーーーーーーも!」とステージから降りて行きました。カッコ良すぎだよ、千春さん(嬉)。
d0127842_7405961.jpg

↑公演終了後のグッズ販売コーナー
d0127842_742114.jpg

↑グッズ販売コーナー横に展示されていた千春さんのパネル(ちょっとピンボケ)
d0127842_7434479.jpg

↑25日のコンサートで「今でも毎日タバコは3箱吸っている」とあかした千春さん。最近私は、千春さんがくゆらす紫煙は、シャキッとしない今の世の中への「怒りの噴煙なのだ!」と勝手に解釈するようにしています。千春さん、いつまでもお元気で!!!
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-26 08:10 | 松山千春

d0127842_7175714.jpg

千春さん、クリスマスイブに3時間を越えるコンサートのプレゼント、どうもありがとうございました。アンコールでは弾き語りで「22才の別れ」や、ユーミンの「卒業写真」まで歌っていただきました(それより驚いたのは「北の宿から」をフルで歌ってくれたことかな!?)。「22才の別れ」は、デビュー前の千春さんがフォークコンテストで「旅立ち」を歌ったあとに、STVの竹田ディレクターから「何かコピー曲歌って」と言われて歌った思い出の曲です。そんな曲を聴くことが出来てとてもラッキーでした。
オーラスの「雪化粧」が終わり、会場から外に出ると、真っ白い雪がしんしんと降り続いていました。今日(12/25)も千春さんに会いに行ってきます。
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-25 07:26 | 松山千春

千春を見守る会から、千春さんのクリスマスプレゼントが今年も届きました。
d0127842_1025143.jpg

プレゼントはティシュBOXカバー!
d0127842_10203064.jpg

いよいよ明日は、千春さんの札幌でのコンサート!気合入れて、参加するぞー!
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-23 10:26 | 松山千春

d0127842_20212514.jpg

[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-21 20:22 | 松山千春

d0127842_1455361.jpg

↑旧・北海道厚生年金会館。
d0127842_14555488.jpg

↑北海道厚生年金会館が09年12月1日から「さっぽろ芸術文化の館」に改称されました。茶色の建物の正面中央に刻まれていた「厚生年金会館」という文字が取り外されています。
d0127842_14581719.jpg

入り口にある石碑に刻まれた文字も、北海道厚生年金会館からさっぽろ芸術文化の館に変わってしまいました。
思えばこの会館は、松山千春さんと千春さんを見出してくれたSTVディレクターの竹田さんが、千春さんのデビュー前に一緒にハイファイセットのコンサートを見に行き、「いつかこのホールを一杯にしような!」とふたりで誓い合った会館でした…。慣れ親しんできた会館の名称が変わるのは寂しいですが、これまで以上に会館の利用がすすんで、いつまでもコンサートホールとして存続して欲しいです。千春さんの09年秋のコンサートツアー「起承転結」も、いよいよこの大ホールで行なわれる2daysを残すのみとなりました。
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-15 15:11 | 松山千春

千春鮨。

d0127842_14474278.jpg

 ↑北海道新聞09年11月27日(金)付夕刊。
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-15 14:49 | 松山千春

d0127842_1723036.jpg

千春を見守る会様より、12月24日の優先チケットが届きました。
見守る会様ありがとう!!!!!!!
なんと、前から2列目のチケットです(目の幅涙)。
チケットを受け取った瞬間の感謝の気持ちをいくら言葉にしても陳腐に
なってしまいますので、
これからもずーっと、見守る会に入会し続け、千春さんを見守り続ける
ことを誓います。
みなさん、どぉーーーーーーーーーーーーも!
(千春さんのコンサートラストの絶叫調で)
[PR]
by hokkaido-h | 2009-12-05 17:34 | 松山千春