12月26日(日)、NACK5(埼玉)、FMPORT(新潟)のみで放送された、『松山千春ON THE RADIO(21~22時)』の抜粋です。誤字脱字勘違いなど多々あるかとは思いますがご容赦下さいませ。

皆様お元気でらっしゃいますか?松山千春でございます。私、無事に秋のコンサート終了致しまして、今週も札幌はSTVのスタジオからお届けという形で、今年最後の放送でありますけどね。旭川・札幌と最後のコンサート盛り上がってやらせていただきましてね、私もう声が枯れました。俺、昔はね、一日休めば大体もどってくるんですけどね、年齢とともにですね回復力も衰えましてね、まあ何日かかかるんじゃないかという感じがしますけどね。このあと俺は29日に玉名(熊本)でディナーショーやったりなんかしましてね。なぜここでだけディナーショーやるのかということですけど、話せば一時間では終わらない話なんでやめますけど、まあ、29日まで私は仕事なんですよ。本当に今年は内容が濃いといいますか、一年間いろいろありましたからね。3月には東京厚生年金会館のファイナルやらせていただきました。自分達も厚生年金会館をきちっと残そうと思って頑張ってはいたんですが・・・、北海道では厚生年金会館がニトリ文化ホールとして残りました、お値段以上のニトリですよぉ~。秋のコンサートはね、富山が転換期でしたかね。あれからですね、ながーーーくなったよなコンサートが。普通は18時半からコンサートが始まったら21時で終わるんですよ。後片付けがあるからスタッフの連中は大変なんですよ。それが富山では22時10分までやってたんですよね。これがクセになりましてね、そのあとのコンサートがながーーい、ながーーい。コンサート最後の札幌は17時半スタートだった。だから21時くらいに終わったとしても今日は早かったんじゃないか、歌い足りなかったんじゃないかという感じになりますけどね。ほんとに長い時間、客席で耐えていただいた方もたくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。今日は今年最後の放送になりますからね、ゆっくりと、のんびりと、聞いてやっていただければありがたいなと思います(1曲目松山千春「冬がやってきた」)。今年は猛暑がありましたからね、北海道もおかしいんですよ。札幌付近があんまり雪が降ってないんですよ。だって旭川のコンサートに行った時によ、毎年旭川のコンサートはさ、もう雪でしょうがねーなーみたいなね、そんな感じだったんだけど、今年は全然なかったもんな。それで(普段雪が少ない)帯広や釧路や根室に雪が降っている、おかしいよなー(リスナーからの有馬記念のメールを読み、競馬の話題が10分以上続くので競馬の話題は省略します。若干触れると、千春さんは疲れてくたくたになっていても週末には競馬新聞をみて予想をして、マネージャーの元さんに馬券を買いに行ってもらっていたそうです。ただし予想した翌日には自分が何を予想したかも忘れていたとか・・・)。私、来年から体鍛えますよ。札幌のコンサート最終日、私、心臓の血管にステントが入っていますから、大野病院の理事長と山下先生がきてくれまして、本当のところどれくらい走ったり、飛んだりしていいものなんでしょうか?と尋ねたところ、一言「人によります」って言われて、その言い方が冷たかったんですけどね・・・。けど私は来年、ボクサーのような気持ちで、是非コンサートもやってみたいなーと思います(二曲目松山千春「冬のアリア」)。リスナーからの「千春さんは体調が悪いときもあっただろうけど歌とメッセージで感動をくれて脱帽します」という内容のメールに、この脱帽の脱が、どうも脱毛の脱に見えてしょうがないんだよ(笑)。確かに体調がいいとき悪いときあったが、こんなものかと思いながらコンサートをずっーとまわり続けてきたわけでありますけどね・・・。特に今年はいろんなことがありましてね、個人的なこともあったし、東海クリエイトの浜地さんが亡くなったのはたまらなかった。いつもコンサート最後のとき、浜地さんが手締めをしてくれてたわけだからね。その浜地さんがいないコンサート、なんと寂しい。あれほどうるさかった宗男さんが来ていないコンサート、なぁ、頑張ってやってるかなぁーみたいなね。宗男さんからコンサート会場へメッセージが届いて、「ちぃー、自分はコンサートに行けなかったけど、自分は毎日つとめているから頑張ってくれ」みたいなねメッセージが届いていました。春からずっーとコンサートやって、元には常々言っていて、いいか俺は田舎で生まれて育っている人間なんだから、俺がまだ元気なうちに地方のほうをいっぱいまわるんだぞ、そういうスケジュールをきるんだぞときつく言っておきますから。(リスナーからのメール「(札幌のコンサートで)千春さんが、眞紀、社長、無事に帰ってきたぞ」と呼びかけられたときはこちらも胸がいっぱいになり泣けてきちゃいました・・・)体の衰え、切れ、そうなんだよ切れがないんだよなー、こればっかりはしょうがなかったりするんですけどね。けど自分で言うのはなんだけさぁ、といって自分で言ってるんだけどさぁ(笑)、歌は確実に進歩している、進化しているって自分で思いますよ。(次期社長を元さんが狙っているのでは?というリスナーからのメールを受けて)元、やっぱり客は分かってるんだよ。お前が何を狙っているのかっていうのを。お前打ち上げの時もそうだっただろう?イベンターの連中もみんな元のことを社長、社長って呼んでさ、みんな来年のコンサートのスケジュールをとるために元さん、元さんだもの・・・。元は「それは私が決めることではありません」とか言ってるけど、お前が決めてるんじゃないかっ(笑)。コンサート最終日、元に会社を代表して挨拶しなさいといってステージに呼んだとき、奴は身長が186センチってこともありますけどね、凄かったですよ。「松山は来年もしっかり歌わせます。まかせてください」なんて上から目線で、たまらない挨拶をしてくれた。私もしっかりしないと事務所が乗っ取られるみたいなね・・・、あれはある意味恐怖を感じましたね(笑)。今年一年間、本当に、リスナーの皆さまにはお世話になりました。番組をもっともっと盛り上げてね、来年も頑張りたいなーと思います。寒い年の瀬でありますが、どうか健康に気をつけられて良いお年を迎えていただければなーと思います。(このあとは高齢者の年金減額について千春さん熱弁)。今年は猛暑もありましたし、景気もなかなか上向いてくれなかった。しかしながら、来年こそは、みたいなね、そのためには我々に何ができるかだな。ほんと思いますよ、我々もっと働かなきゃ。昔の人に言わせたら我々の世代はまだ働きが足りないんだと思いますよ。頑張りましょう、お互いに。そして来年こそ素晴らしい、一年にしたいなーと思います。私も健康に気をつけてですね、元気良くまた来年出てきますんで。皆さんも是非、良いお年をお迎えください。今年最後におかけする曲は、秋のコンサートのタイトルにもなっていた、松山千春「慕う」。皆さん、良いお年を!
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-27 14:50 | 松山千春

d0127842_66888.jpg

千春さん、札幌2days、本当にお疲れ様でした。今年の秋コンのステージからは「生きる勇気」をいただきました。ありがとうございます。千春さんの歌や話しからは、毎年毎年、いつもいつも、得るものばかりで、千春さんを見守るだけの私は、千春さんのために一体何ができるのか・・・。毎回、毎回コンサートに足を運ぶこと?毎週ラジオを聞くこと?CDを買うこと?千春さんの健康を祈り続けること?今はただ、千春さんに何事もなく秋コン最終日を終えることができたことに感謝しています。千春さん、あなたが生まれた冬の白い大地北海道で、たっぷりと休息をとって下さいね。
d0127842_6245822.jpg

昨日(12/25)のコンサート本編オーラス前の千春さんの話しは、今年は年明け早々に友人がなくなったこと、そして福島二本松のおじちゃん、オフィスゲンキ・田中眞紀さん、東海クリエイト・浜地社長がなくなったことについて、涙に声を詰まらせながらも、気丈に話しがされました。特に田中眞紀さんについては、眞紀さんの最後の仕事が、来年の千春さんのカレンダーの写真選びだったことが紹介されました(今月届いた見守る会会報№131でそのカレンダーの販売案内が掲載されていますね)。また浜地社長については、訃報をうけてすぐ名古屋に向かい、浜地社長宅に弔問に伺ったところ、布団の上に安らかに眠っていた浜地社長が着ていたのは、千春さんのコンサートグッズのTシャツだったことなどの話しがありました。いろんな思いを抱えたまま千春さんが歌った本編オーラス曲『慕う』の一番は涙声で綴られましたが、二番からはしっかりと、力強い声に戻りましたよ。
d0127842_6445391.jpg
d0127842_645375.jpg

25日に歌われた楽曲は上記の通りです。また毎年恒例となった、全国各地のイベンターさんたちをステージにあげ、今年一年の締めくくりの三本締めを浜地社長の掛け声で行なう行事は、浜地社長不在の中(きっとホールのどこかで見ていただろうけれど)、千春さんの発声で行なわれました。ホントは千春さん、三本締めの掛け声をマネージャーの元さんにということでステージに呼んだのですが、元さんが浜地社長の代わりは私には務められないので社長(千春)お願いしますということになり、千春さんがみんなの2011年の健康と無事を祈り、三本締めを行なう運びになりました。
d0127842_702767.jpg

今年最後の日曜日となる今日(12/26)は、きっとSTVラジオからNACK5の「ON THE RADIO」が放送されるのだと思います。コンサート終了直後の千春さんが何を語るのか楽しみですね。千春さん、今年一年ありがとうございました。千春さんにかかわるすべてのスタッフのみなさん、ありがとうございました。そして千春さんを見守り続ける全国各地の千春ファンのみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-26 07:13 | 松山千春

12月30日(木)、STVテレビで、松山千春さんの自伝的映画「旅立ち~足寄より~」が放送されます(午後1時45分~3時55分)。もうすでに何度も見ている方、もう一度見たいと思っていた方、まだ一度も見ていない方、皆さんいろいろだと思いますが、とりあえず年末のあわただしい手をやすめて、みんなで見ましょうね!
d0127842_1220382.jpg

<ストーリー>
昭和50年。札幌で開催されたフォーク音楽祭に、一人遅れてパトカーで到着した若者がいた。ニッカポッカにサングラス、ギター1本という奇抜な出で立ちで登場したこの男こそ、当時19歳の松山千春。彼が自身の曲「旅立ち」を歌うと、野次を飛ばしていた観客たちはたちまち圧倒され聞き惚れる。そして、審査員として千春の歌を聴いたラジオディレクターの竹田健二は、彼の才能にいち早く気づいていた。これが2人の運命の出会いだった――。歌手・松山千春が、23歳時に書き下ろした自伝を基に、家族への想い、音楽への目覚め、そして恩師・竹田氏との出会いと別れを描く。
d0127842_12245280.jpg

d0127842_1225107.jpg

↑2010年12月24日の札幌でのコンサートのオーラス曲は、この映画の主題歌でもあった「我家」でした。“ここ”が千春さんの原点なんですね・・・。
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-25 12:28 | 松山千春

d0127842_2225134.jpg

↑今日の千春さんは、声が出まくりでしたよ!
d0127842_22255840.jpg

↑秋コンで全国をめぐり、無事に最後の札幌公演までこぎつけたことを受けて、本編オーラス前に千春さんから9月15日に急逝された田中眞紀さんへ、「眞紀、社長(千春)は無事、北海道に帰ってきたぞ」と、天にも届くような声のメッセージが発せられ、ホールいっぱいに響きわたりました。
d0127842_22261289.jpg

↑コンサート開演18時35分。終了21時52分。オーラス曲の前には、千春さんからのプレゼントとして、ベートーベン交響曲第9番で歌われる「歓びの歌」が歌われました。力強い歌でした。
d0127842_22292331.jpg

↑毎年夏に南こうせつさんが北海道で行なっているイベント「フォークジャンボリーinいわみざわ」(主催:北海道文化放送)に、千春さんが正式出演者として来年参加することが、今日のステージで発表されました。来年の楽しみが増えましたね(嬉)。
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-24 22:38 | 松山千春

d0127842_20334864.jpg

↑12月22日は冬至。1年で昼の時間が一番短い日です。22日の旭川の日の出は午前7時01分。最高気温は0℃。午前6時20分の気温は-7℃でした。千春さん55歳の誕生日(12/16)おめでとうございます。そして、全国各地をツアーで巡ってきた千春さん、北海道にお帰りなさい・・・。
d0127842_20345956.jpg

↑コンサート当日の旭川市民文化会館。雪が降るなか、コンサート会場に向かう気持ちは否が応にも高まっていきます。そういえば、「季節の中で」が大ヒットし、千春さんがTBSテレビ「ザ・ベストテン」に出て(1978年11月16日、コンサート終了後生出演)、自分がテレビに出ない理由を語った場所も、この旭川市民文化会館でした。
d0127842_20341253.jpg

d0127842_20343727.jpg

↑旭川のステージで歌われた曲目は上記の通り。今日のステージで千春さんが泣いていました。今年9月15日に亡くなったオフィス・ゲンキ取締役(ツアーマネージャー)田中眞紀さんと千春さんのこれまでを話しながら泣いていました。会場の私もそれを聞いて泣きました。千春さんの話では、毎ステージに飾られる一輪挿しの赤いバラはすべて田中眞紀さんが用意していたそうです・・・。
d0127842_21154177.jpg

↑05年秋コン「淡々と・・・」12月24日北海道厚生年金会館でアンコール(長い夜)時に千春さんからいただいたステージ上のバラ。このバラも田中眞紀さんが手がけたものだったのですね・・・。この時にいただいたバラは、ドライフラワーにして、今でも私の宝物となっています。
d0127842_2051158.jpg

↑千春を見守る会「BACK STAGE NOTE」で紹介されたスタジャン現物。試着用にS・M・Lサイズがグッズ販売コーナーに置いてありました。千春さんもアンコールのステージで着用してま・す・た。
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-23 21:38 | 松山千春

d0127842_12161036.jpg

          ↑12月25日のチケット到着。感謝!
d0127842_1216197.jpg

          ↑な、な、なんと、旭川公演にも行ける事になりました。感謝、感謝!!
[PR]
by hokkaido-h | 2010-12-12 12:21 | 松山千春